中央大学 小松研究室(生命分子化学)

研究概要Research

小松研の研究

生命現象の根幹を支える "蛋白質" のはたらきは実に巧妙です。我々は蛋白質を人工的につくったり、つないだり、積み重ねたりする蛋白質化学に、高分子化学、超分子化学を融合させ、自然界には見ることのできないユニークなバイオマテリアルを開発しています。人類の健康・医療、さらには環境、エネルギーに役立てる研究を進めています。


蛋白質を用いたバイオマテリアルの開発

蛋白質、合成高分子、金属錯体などを階層的に結合・組織化する方法により、多彩な機能を有するバイオマテリアルを開発しています。(ヘモグロビン-アルブミン)クラスターは「人工血液」の研究に新しい突破口を開き、先端医療の分野で様々な応用が期待されています。また、望みの機能をプログラムした中空シリンダー構造の「蛋白質マイクロ・ナノチューブ」は 新しい捕捉・分離剤、薬物輸送体、自走モーターとして注目されています。

● YouTubeMovie 知の回廊『人工血液~開発の最前線を探る~』 監修:小松晃之